Thunderbirdが使えなくなってきたからOperaMailにしたら使えない

メーラーって何使ってる?

Windowsパソコンでのメールの送受信のために使ってるメールソフト、いわゆるメーラーと呼ばれるやつなんだがみんなは何を使ってるだろうか?
聞くところによるとOutlookを使っているという人がかなりの量を占めているんだとか。


僕は会社のパソコンも自分のノートパソコンも自宅のパソコンもメーラーは2種類使っている。
一つが「Shuriken」
あまり知られていないマイナーなメーラーなんだけどなんだか使い勝手が良くて使っている。
もう一つ使っていたのがFirefoxの「Thunderbird」

二つの使い分けなんだけど、「Shuriken」は主に会社のメールアドレスを振り分けるのに使っている。
そんなに迷惑メールも来ないし、メール着信監視というのがついていて、ソフトを常に立ち上げておく必要がなく、メールが来た時に自動的にメーラーが立ち上がってメールが来たことを教えてくれる。
メーラーを立ち上げっぱなしにする必要がないところがとても楽。

普段は開いていないのにメールが来たらメーラーが立ち上がるのでメールを見損ねる心配がない。
なので、見落としては困る会社のメールは「Shuriken」を使っているのだ。
その他にもバックアップを定期的にしてくれたり、カラーを真っ黒にできたりと目に優しかったり様々なメリットがあるので愛用している。


そしてもう一つのメーラーが「Thunderbird」
こちらは主に個人で使っているGmailなどのWebメールの受信や返信のために使っている。
常に立ち上げておく必要もないし、必要な時に使える使い勝手のよさそうなメーラーということで選択した。
別に何でもよかったんだけど、Windows10になってからLiveメールが使えなくなってメーラーをどうしようかと考えた時に普段使っているFirefoxのメーラーがあるということで使い始めた。


「Shuriken」はバージョンアップを続けながら今でも順調に動いてくれていて問題なし。
問題は「Thunderbird」の方

おかしな状態になってる「Thunderbird」

どうも動きがおかしかったり立ち上げてるだけでやたらとクラッシュしてクラッシュレポートの送信をしないといけないことが数カ月前から激増した。
古いバージョンだからかな?と思ってバージョンアップしてみても変化なし。そもそも最新バージョンだったしという具合。


同じような不具合が起きてないのかなと調べたところ、バージョンが新しくなってからWindows10で同様のクラッシュ事例が多数報告されているということがわかった。

以前使っていた問題のない「Thunderbird」のバージョンは60台
最近使ってる問題が起こりまくりのバージョンは68台
どうもこの68台になってからクラッシュしたりメールが読めなかったりという問題が多発しているようだぞ。


ここでどうするか悩んだ。

バージョンを下げて「Thunderbird」を使い続けるのか
他のメーラーで使い勝手のよさそうなのを使うのか。


「Shuriken」にGmailを登録して使うと言う手もあるにはあるんだが、Gmailは迷惑メールやメールマガジンなど急を要しないメールが一日に結構な数送られてくる。
「Shuriken」はメールを見逃さないための着信監視のついているメーラーなのでメールマガジンや迷惑メールが届くたびに「Shuriken」が起動して大事なメールと同じだけの意識を持たないといけなくなるということが大いに困るわけだ。

ということでできれば仕事のメールと個人のGmailはメーラーを分けたい。

Opera Mail使ってみよう!


そこで今回候補に挙がったメーラーが「Opera mail」
一つ注意しておくと、この記事を書いている2020年1月時点で実はもうこの「Opera mail」は使えなかったらしい・・・
特にGmailは登録できずにだいぶ苦労した。なのにおかしいなぁといろいろだいぶ頑張ってみた。早く調べろって話だな

OperaはiPhoneにも使われているブラウザで、アップルさんが作ってるのかな?
ひとまずブラウザも作っていてメーラーも作っているのであればFirefoxと同じような感じなので使い勝手がいいかもしれない。

しかもiPhoneで使っているメーラーは名前知らないけど結構使いやすくて気に入っている。(デフォルトで入ってるメーラーね)
んで登録してあるメールの全部を一気に見れる全受信というのがあるのがとても楽。

それらの要望を満たしてくれるのが「Opera mail」だ!と思って早速Windowsにインストールしてみた。
インストール完了時になんでかタスクバーに登録できないけど無視する?みたいな警告がでてきたのでひとまず無視。
だがこれが今後困ったことになる原因だったようだ。


メールの設定をしていくときにThunderbirdで使っていたアドレスをインポートできるとのことでやってみた!
これができるなら引越し作業も楽だぜ~と思ってやってみた。

やってみたはいいけど「すべてのメッセージ」でメールの内容は全部見れるし消したりもできるのにエラーがで続けて、メールの送信ができない。          
ということは送信サーバーやポートの設定がおかしいのか?
読めるのにIMAPで設定してあるフォルダなんかの同期もしないしエラーのマークもで続けてるし使えない?


なにがどうなってんだ?


他にも使っていたGmailアカウントを3つほどいれてみたけど症状は変わらない。
受信もきちんとできているのか怪しいところだ・・・
Gmail以外の会社のメールなどは問題なく設定できて送受信が可能だった。

設定が完了しない理由をググってみたら、どうもGoogleのセキュリティーが高いからOperaではGmailが見れないんじゃない?ってことだ。
(そもそもOpera Mailが配布終了してるからダメだったぽいけどね)

Googleアカウントの設定でセキュリティーの甘いアプリでも使えるようにすればいいって他のサイトにもいくつも書いてあったのでその通りに進めてみたのにそもそもGoogleのそういったページに飛ぶことができない。

ってか存在してない。

GoogleのGmailとかアカウント関係のページって頻繁に更新されたりするから、ちょっと前のこうしたらいいですよってページの画面ともはや違うんだよね。数カ月で設定のページとかがごろっと変わってたりするからもうそうなったら古いマニュアルと同じ進め方ができない。
マニュアルの画像の通りに進めない。そもそもその画像が古すぎてそんな画面がもう存在しませんよ~ってなことになるから。

万事休すか。

説明サイトと同じページがむしろ存在しなくてセキュリティーを切り替えることすらできない。
切り替えることはできるのかもしれないが、Googleアカウントの内容をぐるぐるしながら調べてもどこをどうしたらいいのか全然わからなくなってしまった。

じゃあどうする?

待つの


待ってらんないっ!
ということで調べてやってみた

結局は使えなかったOpera Mail

結果的には、「Opera mail」は開発が終わってしまっているのでセキュリティーの問題などカバーできないよ!
ということでGmailのセキュリティーをそもそも通すことができない!という状態だった。

なんだよそれ~

せっかくいいメーラーを見つけたと思ったのにだめなんかいな

じゃあどうしよう

「Thunderbird」の32ビットを敢えて選択することにしてみた。
64ビットにバージョンアップしてから不具合が多かったような気がしたから32ならなんとかなるのかなと。
ダウングレードも考えたんだけどなにかと勝手にバージョンアップされたりするし、それなら最初から新しいの入れておいても一緒かなと。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/thunderbird/

↑ここからダウンロードできたぜ

今のところそれで不具合はなし。
落ちまくってたのがなんでなのかというくらいスムーズに問題なく使えているよ。
ということはやっぱり64ビットにしたのが問題だったのかな

最終的に謎は謎のままになってしまったが、
64ビット向けを32ビット用に戻して最新版の68番台を使ってれば問題ないよ~というお話でした!

Opera Mailをバリバリ使ってその説明をしたかったのに残念すぎるわ


長くなりましたがありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください